既存のデータベースやクラウドにも連携するアラートマネジメントシステム タイムコンシェル

サイトマップ運営会社サイトポリシー著作権
無料相談・お問い合わせ


Home » 機能紹介 » クラウド連携機能

クラウド連携機能FUNCTION INTRODUCE


タイムコンシェルは、様々なクラウドへデータを連携することができます。
クラウドへの連携は、タイムコンシェルのクラウドサービスを介することになります。

 

通常のウェブサイトに対しては、外部APIが公開されていないところがほとんどであるため、URLを指定し、POSTパラメータを規定することにより、データを送信することができます。
これに対し、GoogleカレンダーやTwitterといった連携用のAPIが公開されているところに関しては、タイムコンシェルのクラウドサービスを介し、直接送信することができます。
タイムコンシェルクラウドサービスは、PHP5以降の環境があれば動作することができるため、自社内サーバにインストールすることも可能です。




 

Web連携機能

タイムコンシェルは一般的なウェブアプリと連携する手段として、POST機能を提供しています。
また、マスタデータのようなまとまったデータをウェブ上にアップする機能も持っているためローカルデータをウェブアプリへ提供する手段として動作させることも可能です。

 

Googleカレンダー連携機能

Googleアカウントを設定すれば、Googleカレンダーへ予定を配信することができるようになります。




 

Twitter連携機能

Twitterアカウントを設定することにより、通知内容をツイートすることができます。





Share on LinkedIn