既存のデータベースやクラウドにも連携するアラートマネジメントシステム タイムコンシェル

サイトマップ運営会社サイトポリシー著作権
無料相談・お問い合わせ


Home » 新着情報 » 《既存客フォロー》納品時のタイミングを活用しましょう

活用事例PRACTICAL USE EXAMPLE

2012年11月26日

《既存客フォロー》納品時のタイミングを活用しましょう

印鑑店10店経営する会社の場合 (2/3)

注文の際に、来店された社長さんや経理部長さんに「出来上がりは一週間後になります。当日はお届けに上がりますが、重要なお話がありますので15分程お時間を戴けませんか」と言うようにしている。



自社担当者にメールを通知する

○いつ・・・納品予定日3日前/○誰に・・・納品担当者/○何を・・・納品準備/○配信目的・・・既存客から売上UP/○効果・・・追加注文に繋がる



《タイムコンシェル設定例》期限通知を使用します。

■タイミング設定

タイミング設定

○対象日
納品情報-納入年月日
○通知日
満了型3日前


■メール内容設定

メール内容設定

○件名
納品準備をしましょう
○本文
3日後に納品予定日を迎えているお客さまは以下のとおりです。
○対象項目
★お客様名:[会社基本情報_顧客名]
 郵便番号:[事業所情報_〒]
 住所:[事業所情報_住所1][事業所情報_住所2]


■メール通知先設定

メール通知先設定

○メール通知先
自社担当者のメールアドレスを設定します。


納品担当者にメールを通知する



Share on LinkedIn

タイムコンシェルのお問い合わせ
開発実績
活用事例
パートナー様募集
グランドコンシェル
デジタル秘書
クラウドコンシェル-kintoneを活用したCRMクラウド総合サービス