既存のデータベースやクラウドにも連携するアラートマネジメントシステム タイムコンシェル

サイトマップ運営会社サイトポリシー著作権
無料相談・お問い合わせ


Home » 選ばれる理由 » 通知特化アラートシステム

通知特化型のアラートシステムNOTICE SPECIALIZATION TYPE


アラートマネジメントを実現するための重要な要素である『通知』のデファクトスタンダードになるべくタイムコンシェルは通知機能に特化したアラートシステムであり、常に成長し変化し続けています。


これらシステムの情報は基本的に自ら見にいかなければ活用はできません。
いわゆる『PULL型』のシステムです。

蓄積された情報があっても、それを活用できなければ「宝の持ちくさり」です。
ただ活かせられないだけならまだいいが、抜け漏れがあるとリスクになる期限等の情報であれば、そういう訳にはいかないでしょう。
人に代わって自動で様々なことを行ってくれたり、人が迷わず的確に行動できるようにメールでお知らせしてくれるサポートシステムがあればビジネスの仕方も変わるのではないでしょうか。
そういった願いから『PUSH型』のアラートシステムタイムコンシェルが生まれました。




タイムコンシェル成長の経緯THE CIRCUMSTANCES OF GROW

切れ間なく届く業務メール・・・

一つ一つ的確なタイミングでお知らせしてくれる通知メールによって業務の効率化や抜け漏れ防止は実現しますが、タスク管理が上手く出来なければ結果的に整理できずあたふたしてしまいます。


いかに『見せる化』し行動させるか!

毎日確認するポータルシステムに、タスクメール内容を差し込みできれば、事前に複数のタスクを整理された状態で確認でき迷わず的確に行動ができます。
こういった過程でタイムコンシェルのスケジューラ自動差し込み『見せる化』 へと成長しています。



Share on LinkedIn