既存のデータベースやクラウドにも連携するアラートマネジメントシステム タイムコンシェル

サイトマップ運営会社サイトポリシー著作権
無料相談・お問い合わせ


Home » 選ばれる理由 » 既存DBとの連携可能

既存のデータベースとの連携が可能COOPERATION WITH A DATABASE



アラートマネジメントを実現するためには、そもそも管理する情報源(データベース)が必要です。
タイムコンシェルは、接続するデータベースを選ばないのであらゆる情報を活用できます。


ユーザーメリット


  • 現在お使いのデータベースをそのまま使えます。
  • データのエクスポート+インポートが不要。
  • 別々の用途のシステムを、1つにまとめて管理ができます。

マイクロソフト社の『SQL Server』をはじめ、『Oracle』製品、多くのウェブサイトで採用されている『MySQL』や『PostgreSQL』など様々なデータベースとの連携が可能です。
また、『Microsoft Excel』や、CSVファイル、XMLファイルなどをデータベースとして利用することもでき、システム連携をより柔軟に行えます。



Share on LinkedIn